カテゴリ:

 

次に、福島県相馬港湾建設事務所見学会の概要を報告します。

 

【福島県相馬港湾建設事務所見学会】

福島県相馬港湾建設事務所は原釜大津の高台にあり、3階建ての建物だ。予定より10分ほど遅れて到着したが、職員の方々は笑顔で迎えてくれた。

 2階の会議室に通され、相互挨拶のあとパンフレットを基に、事業内容の説明や相馬港の復興状況、相馬福島道路の進捗状況などについて話を伺った。

 その後、屋上に移動し太陽光パネルの下の日陰に身を寄せ、北の方に延びる相馬港、再開した海水浴場などを眺めながら、職員の説明を聞いた。海岸堤防のしくみや役割など、パネルを使った丁寧な説明に暑さも忘れ聞き入った。

屋上からは金華山や仙台市も見えるとのことだが、当日はあいにく見えなかった。なお、屋上には標高20.9メートルの標識があった。

最後に、屋上で集合写真を撮り、見学会を終了した。
                                   文責:渡辺(文)


【相馬港・松川浦漁港 渚の路】のイラストはこちら(相馬港湾建設事務所パンフレットから転載】 


港湾建設事務所
〔福島県相馬港湾建設事務所〕

挨拶と説明
〔職員の方の説明〕

説明を聞く
〔説明を聞く参加者〕

屋上~北の遠望
〔屋上から北方(LNG基地方面)を望む〕

屋上の日陰で
〔日陰に集まり説明を聞く〕

屋上での説明
〔屋上での説明〕

屋上の様子①
〔屋上の参加者(後方に標高20.9mの標識あり)

屋上の様子②
〔屋上の参加者〕

はいポーズ
〔集合写真  はいポーズ!〕